永代供養とは?~浄土真宗僧侶が語る永代供養の意味合いとそのメリット・デメリット~

こんにちは、皆さん。墓地・納骨堂調査坊主のケンコウです。

今回は、今さらですが永代供養の意味合いについて具体的にご紹介します。永代供養は供養の一つの形であり、近年改めてその供養の有り方が注目を集めています。

しかし、その言葉の意味合いの幅や捉え方の範囲も広く誤解を生むやすい言葉でもありますので改めて永代供養の意味合いやあり方について、皆さんのお役に立てればと思いご紹介させていただきます。

納骨堂や墓地選びの参考にしていただけると幸いです。

永代供養とは?わかりやすく解説

永代供養とは(えいだいくよう)と読みます。永代供養には確たる定義がある分けではありません。各宗派の本山、浄土真宗本願寺派で言えば西本願寺が永代供養の定義は「〇〇」なんですよと言うものはないわけです。

しかし、多くの場合、永代供養は「各家庭の故人様やご先祖様の霊を僧侶が主体となり永代に渡り供養する、供養を長期に渡り保証する供養の一形態」という風に認識されている事が多いです。

そして、各宗派の寺院もその「期待」に基づいて永代供養のお参りを行ったり、墓苑や納骨堂を維持・管理しています。前述しましたが、永代供養は「故人様とご先祖様」の永代に渡る供養を保証するものですが、永代供養の有り方は主に2種類に分かれます。

2種類の永代供養のありかた

  • 「故人様・ご先祖様の永代に渡る安寧を願うお参り」という形の永代供養
    • この永代供養は、ご遺骨の管理はお寺に任せないけれど、それまでの家庭でお亡くなりになった故人様やご先祖様のお浄土、または来世(※宗派により死後の捉え方は違います)での安寧を願い行う供養です。この永代供養の場合、各家庭の方がお寺にお参りに来られて永代供養の儀式を行います。しかし、お墓の維持管理は各家庭の方々がそのまま行います。
  • 「故人様・ご先祖様のご遺骨の永代に渡る維持管理」という形の永代供養
    • この永代供養は、各ご家庭の故人様やご先祖様のご遺骨を永代に渡りお寺や墓苑管理業者に任せる供養です。この永代供養を選択しお寺にご遺骨をお任せする場合は、永代供養の儀式を執り行い、その後に永代供養墓や納骨堂にご遺骨を納骨をします。墓苑管理業者の場合は、この流れが少し違うかもしれません。

このように永代供養は大きく分けると2種類に分類されます。おそらく、もともとは永代供養というのは前者の考え方が一般的であったのではないかと思います。その後、時代が経つにつれてその永代供養の意味合いに遺骨の永代に渡る維持管理という意味合いが付け足されたのではないかと思います。そして、現在に至り、永代供養=「故人様・ご先祖様のご遺骨の永代に渡る維持管理」という認識がなされるのようになったのではないかと思います。

浄土真宗における永代供養とは

この永代供養ですが、宗派により永代供養に対する考え方が違いますので浄土真宗における永代供養の考え方について紹介させていただきます。

浄土真宗における永代供養とは①~浄土真宗における供養の考え方~

浄土真宗では厳密に言うと「供養」という言葉は使用しません。供養という言葉の意味合いは、もともとは仏や菩薩に尊敬の念をもって供物を捧げる行為でした。しかし、仏教が日本に伝来した際に日本の土着信仰であった先祖崇拝の慣習と本来所の供養の文化が融合し、供養=死者の冥福を祈る行為に置き換わりました。そして、その日本における「供養」が日本仏教の慣習として定着して、現在に至るわけです。

供養の目的は、故人の冥福を願う事、つまりは、故人の死後の世界での幸福を願うために行います。宗派により死後の世界観について様々な違いがありますが大きく分けると2つに大別されます。

1つ目は、故人の生前の行いとご遺族の49日に渡る追善供養の結果で死後の世界が決まるとされる世界観です。そして、その結果生まれ変わる先は極楽浄土や六道(天道、人道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道)のいずれかになるとされています。

このように、一重に仏教といっても宗派によって死後の世界観には大きな違いがあるわけです。そして、前者の宗派の世界観では「供養」が重要な意味合いを持ちます。遺族の追善供養の力が故人の死後の世界での行く先を決めるくらい大きな力をもっているからです。そのため、前者の宗派では「供養」を大切に行います。

一方で後者の宗派(浄土真宗もこちら側の宗派です。)では、供養を必要としません。なぜなら、故人は即得往生しているからです。故人は、死後極楽浄土に生まれ変わり仏の一員として暮らしているわけです。よって、故人の冥福を遺族が願う供養は必要ないわけです。

そのため、この双方の宗派では49日や1周忌等の年忌法要等の考え方にも大きな違いがあるわけですが今回のトピックとは余談になるのでここでは割愛します。話をもとに戻しますが、そのため浄土真宗では供養という言葉を使用しないわけです。また、冥福を祈るという言葉を使用しないのもここから来ています。

浄土真宗では、上記の理由もあるため厳密に言うと永代供養という言葉も本来は使用しません。

※浄土真宗の49日の考え方に興味がある方はこちらを参照ください。

49日法要は、なぜ必要なのか?

現在、祖父の49日法要を行おうと考えています。家族でいつ頃行おうかと考えていた際に、弟から49日法要をそも ...

浄土真宗における永代供養とは②~浄土真宗における永代供養の意味~

浄土真宗では、積極的に永代供養という言葉は用いませんが代わりに永代経という言葉を使用しています。永代経は、永代祠堂経の略称です。その意味は、「永代に渡って自分が所属するお寺やお堂が維持されてお経や仏の教えが聴聞できますように」という意味があります。

この考え方の前提には、仏教の教えを聴く、浄土真宗の教えを聴くことは仏に通ずる道であり、仏の道とは人が幸福に現世を生きる道に通ずるという考え方があります。そして、お寺や仏教の道場はその教えを聴く尊い場所であるので、地域に根ずくその場所を永代に渡り守らないといけない、その誓いの表れとして浄土真宗の門徒や地域の方々はお寺に永代経のお参りをしていたわけです。

そして、その永代経のお参りの際にはお布施をお寺に納めていました。そのお布施は、お寺の本堂(御堂)を維持・管理するために使われます。このようにして、各地域にあるお寺はご門徒さんやその地域の人々に長年支えられて仏教の聴聞の場としての役目を果たすことができていたわけです。

浄土真宗における永代供養とは③~永代経を納める人々の思い~

では、なぜご門徒さんや地域の方々は永代供養を目的としていない永代経のお参りをしていたのでしょうか?私は、永代経を収める門徒の方々や地域の人々のとある思いがそこにあると考えます。

前述しましたが、永代経の意味は「永代に渡って自分が所属するお寺やお堂が維持されてお経や仏の教えが聴聞できますように」という意味があります。つまり、永代経を納める人々は「お寺を守りたい」という思いがあるわけです。何のためにお寺を守るのか、それは「仏法を聴く場としてのお寺を必要としているから」に他なりません。

そして、仏法を聴く目的は仏に通ずる道であるという事、仏の道とは人が幸福に現世を生きる道であるという事があります。この考えは、お寺を守る事は、自分の人生を豊かにするとう考え方にも繋がります。また、永代経を納める事でお寺を守ることは将来の自分の子孫が幸せに生きる事に通ずるという考え方にも繋がります。このように、永代経を納める方々の思いの中には上記のような思いが芽生えていると考えられます。

実際に最近、私のお寺に永代経を納められた方は次のように言われていました。

お参りに来られたCさん

「お寺を守ることは私達の仕事の一つです。ただ、お寺に永代経を納めさしてもらうのは自分のため家族のためにしています。お寺は私にとって色々人生の勉強をさせてもらえる場だと思っています。そのお寺が、少しでも長くこの地域に残っていく事は私や私の家族にとっても重要なことなんです。」と言われました。

その事を聞いて、私も僧侶の端くれとしてその期待に応えられるように頑張らないといけないと襟を正す思いでした。

このように浄土真宗における永代供養とは永代経の事をさしています。そして、その意味は仏法を広める場であるお寺の維持・管理をそれまで支えてきた先祖の想いを継ぎ、自分と家族や子孫の幸福のためにお寺を残していきたいという思いを形にした行為であるわけです。

言い換えると、故人や先祖のためを想い行うお参りが永代供養であるのであれば、永代経は先人の想いを継ぎ自分と家族そして子孫の幸福を願うお参りが永代経と言えるのかも知れません。

永代経のメリットとデメリット

永代供養という供養の選択には、多くのメリットがあります。一方で、メリットと同様に様々なデメリットも存在します。ここでは、永代供養における複数のメリットとデメリットについて詳しく説明します。

永代供養のメリット

永代供養の最大のメリットは、供養の継続をお寺や専門業者に任せることで、家族の負担を大幅に軽減できる点です。以下に、その具体的なメリットを詳しくご紹介します。

遠方に住んでいる方のための安心感

現代の社会では、仕事や学業、その他の理由で地元を離れて遠方に移り住み、その場所で定住する方々が増えています。そのため、定住先から地元にあるお墓のお墓参りを行う事や維持管理を継続して行う事が困難になっています。この問題は、日本中の至る所で起きている問題です。その問題の有効な解決策の一つとして永代供養があります。永代供養では、専門の施設やお寺が故人の供養を継続して行うため、物理的な距離に関係なく、故人が安らかに供養されることが保証されます。永代供養を選択することで、お墓を維持管理する上での距離的・労力的な問題が解決されるわけです。

後継者がいない場合の心配を解消

近年、少子化や核家族化、晩婚化・非婚化の影響で、後継者がいないご家庭が増えています。また、後継者がいたとしても遠方に住んでおり地元に帰ってくる予定がないご家庭も増えています。そういった状況にあるご家庭は、将来的にお墓の維持管理が困難になるという問題に直面しています。

その問題の有効な解決策の一つとして永代供養があります。後継者不在の場合でも、永代供養を利用すれば、故人の供養が途切れる心配がありません。専門業者やお寺が長期間にわたって供養を行うため、家族がいない、または後継者がいない場合でも安心してお任せることができます。

維持管理の手間を省く

お墓や納骨堂の維持管理は、お墓の清掃、お墓回りの草取りなど定期的な清掃やメンテナンスが必要です。しかし、忙しい日常生活の中でこれらの作業を定期的に行うのは容易ではありません。

永代供養を選ぶことで、維持管理の手間を専門業者に任せることができます。これにより、家族は清掃や管理の手間を省くことができ、安心して日常生活を送ることができます。

経済的な負担の軽減

永代供養には一時的な費用がかかりますが、長期的に見れば、継続的な維持費や管理費が不要になることが多いため、長期的な経済負担を大幅に軽減することができます。専門業者やお寺が一括して管理するため、予測しやすい費用で供養を永代に渡り継続することができるわけです。

精神的な安心感

永代供養を選ぶことで、故人がいつまでも理想的な環境で供養されるという精神的な安心感を得ることができます。特に、信仰心が強く先祖供養・故人供養を大切にされるご家庭では、お寺が定期的に供養を行うことで、故人が安らかに過ごしているという信念を持ち続けることができます。これにより、家族や遺族の心の平穏が保たれます。

永代供養のデメリット ~永代供養のリスク~

永代供養には多くのメリットがありますが、一方でいくつかのデメリットやリスクも存在します。ここでは、永代供養に伴う主要なリスクについて詳しく説明します。

ご家族が供養の過程に直接関わる機会の減少

永代供養の大きなデメリットの一つは、すべてを他者に任せるため、ご家族が供養の過程に直接関わる機会が減少することです。故人の供養を専門の施設や僧侶に任せることで、家族が参加して供養の儀式を行う事やお墓参りを行う機会が減少します。

その結果、故人と家族(遺族)との絆を感じる時間が減少したり、故人の事を思い返す機会が減少したりします。お墓参りを通じた家族の絆の確認や思い出を振り返る機会が失われる可能性があるわけです。

サービスの質が低下するリスク

供養を委託する先がしっかりとした施設や業者・お寺でない場合、サービスの質が低下するリスクがあります。供養が期待通りに行われなかったり、施設の管理が不十分である場合、故人の供養が適切に行われないことがあります。

契約時に十分な確認を怠ったり、信頼性の低い業者を選んだ場合、このリスクは高まります。特に、永代供養の主体がお寺でなく墓苑管理業者等である場合はどのような形で供養の儀式が継続的に行われるのか確認をしましょう。読経を通じての供養は、基本的に僧侶が主体となり行う儀式です。墓苑管理業者では、供養の儀式を行う事が基本的にはできないわけです。

そのため、永代供養を謳っている墓苑管理業者がいてその永代供養を選択されようとした場合には供養の儀式はどのように定期的に行っているのか、どこの僧侶がお参りに来るのか確認をすることをお勧めします。

業者の経営破綻のリスク

永代供養を提供する業者が経営破綻するリスクも考慮する必要があります。また、永代供養を提供する主体がお寺である場合は、お寺が将来的に存続できないリスクも考慮する必要があります。

業者の話で言えば、もし契約した業者が倒産した場合、供養が中断されるだけでなく、支払った費用が返金されない可能性もあります。実際にそういったトラブルは存在します。こういったトラブルを防ぐためには、可能な範囲で業者の財務状況や経営の安定性を事前に調査し、信頼性の高い業者を選ぶことが重要です。

また、お寺の話で言えば「後継者が存在しており、お寺が将来的に存続していけそうか」ということの確認をされることをお勧めします。

契約内容の曖昧さによるトラブル

永代供養の契約内容が曖昧である場合、後々トラブルが発生するリスクがあります。例えば、供養の頻度や内容、管理費の追加請求などについて明確に記載されていない場合、期待通りのサービスが提供されないことがあります。

契約時には、すべての条項を詳細に確認し、必要に応じて専門家の意見を求めることが大切です。

精神的な影響

家族が供養の過程に関わらないことによる精神的な影響も無視できません。供養の一環として家族が集まり、故人を偲ぶ時間が減ることで、家族の絆や故人に対する思いが薄れてしまう可能性があります。

特に、伝統的な供養の習慣を重視する家庭にとっては、永代供養は罰当たりな行為ではないかと考える方がいるケースがあります。その場合、永代供養という選択肢をとるとその方の精神的な負担となることがあります。

そのため、永代供養という選択肢をとられる場合はしっかりとご家族と関係するご親族との間で話し合いを行う事をお勧めします。

施設の場所やアクセスの問題

永代供養を行う施設が遠方にある場合、お墓参りに訪れることが難しくなることがあります。特に、年忌法要や特別な日に施設を訪れたい場合、アクセスの悪さが問題となることがあります。

そのため、永代供養を検討される際は実際に現地に訪れ事前に施設の場所やアクセス方法を確認し、自分達にとって訪れやすい場所かどうかを考慮されることをお勧めします。

※納骨堂のアクセス問題に興味がある方は下記を参照ください。。

納骨堂選びの失敗談#1 交通の便が悪い納骨堂を選んだ人の末路

こんにちは、皆さん。墓地・納骨堂調査坊主のケンコウです。 今回は「交通の便が悪い納骨堂を選んだ失敗談」を具 ...

まとめ

今回は、永代供養をテーマに永代供養の基本的な意味合い、浄土真宗における永代供養の考え方、永代供養のメリット・デメリットを中心にご案内しました。

永代供養は、現代の多様化するライフスタイルや家族構成の中で、故人やご先祖の「供養」を大切にしたいと願う方々の期待に沿える供養の一形態です。現在、特に希望されている供養のありかたです。

そして、宗派によって永代供養の考え方にも違いがあります。浄土真宗では、「永代供養」の代わりに「永代経」という言葉を用いておりその意味合には、「先人の想いを継ぎ自分と家族そして子孫の幸福を願うお参り」という意味合いが根底にあります。宗派により「永代供養」の言葉の違いや考え方の違いはありますが、どの宗派においてもお預かりしたご先祖様・故人様を大切にお守りしたいという思いに変わりはありません。

永代供養をご検討される際は、永代供養の考え方やメリット(お墓参りの距離的問題の解消、経済的・労力的負担の軽減、後継者不在問題の解消、精神的安心感)、またデメリット(家族の供養に関わる機会の減少、サービスの質の低下のリスク、組織の経営破綻や存続リスク、精神的な影響)、永代供養の相手先の信頼性を考慮に入れていただく事をお勧めします。その上で、ご家族・ご親族などの関係者の方々と十分に皆さんが納得できる話し合いを行っていただく事が失敗しない永代供養を選択する上で重要なことかと思います。

この記事が、永代供養を検討する際の参考になれば幸いです。

著者:釋 兼高(しゃく けんこう)浄土真宗本願寺派 順教寺 副住職

1980年生まれ。2002年にアメリカの大学を卒業し、2007年に大学院を修了。2008年には得道し、僧侶の道を志す。その後、社会経験やビジネスの知見を深める上で人材育成系コンサルティング会社に就職し、13年間勤め営業経験や講師経験やコンサル経験を積む。2021年に退職し、家業である寺院を継ぐために入寺。
日々、仏の道に精進しながら浄土真宗本願寺派の僧侶としての道を歩む。これまでの職務経験を通じて培ったスキルや知識を活かし、分かりやすく仏教や浄土真宗本の教えを伝えるために「生活に役立つ仏教の教え」、墓地・永代供養墓の管理者の視点から「浄土真宗僧侶が伝えたい墓地・納骨堂選びの話し」のブログやお寺を身近に感じてもらうために、「若院(じゃくいん)のつぶやき」の情報発信を行う。