望ましい墓じまいとは?~浄土真宗僧侶が語るお墓じまいする際の注意点~

こんにちは、皆さん。墓地・納骨堂調査坊主のケンコウです。

今回は、近年急速に増加傾向にあるお墓じまいについてご紹介します。お墓じまいは、私たちの家族形態やライフスタイルの変化などが理由で多くの方が検討されています。

しかし、まだまだお墓じまいの考え方や意味合いについて誤解されている方が多くいらっしゃいます。

そのため、改めてですがお墓じまいの最近の傾向、その考え方や失敗しないお墓じまいの方法等について紹介させていただきます。

納骨堂や墓地選び、お墓じまいの参考にしていただけると幸いです。

墓じまいとは、「お墓を撤去し遺骨を別の場所へ移す」ことを指します。

近年、家族の形態やライフスタイルの変化、居住地の変化等の様々な理由でこれまで通りにお墓を維持・管理する事が困難となり墓じまいをする方が増えています。

例えば、都市部に住む子供たちが遠方にある実家のお墓の管理が難しくなることや、高齢化に伴い墓地の維持(定期的に清掃やお参りする事)が困難になるケースなどがあります。このように、様々な理由でお墓じまいが増加しています。良く聞くお墓じまいの理由としては、以下4つがあげられます。

お墓じまいを選択する主な理由

  • お墓を継ぐ人がいない。
  • お墓の継承者(子や孫)に負担をかけなくてすむ
  • 定期的にお墓参りを行う事が困難になった。
  • お墓を維持管理する手間を軽減したい。

墓じまいを行うことで、上記のようなお墓の維持・管理にまつわる問題を解決し、お墓に関わるトラブルが子や孫に及ぶのを防ぐことができます。

ただし、ここで注意しないといけないのはお墓じまいとはお墓を撤去するだけでなく、その後に遺骨をどう管理するかを別途考えないといけないという事です。そのため、墓じまいをする際は主に墓の撤去方法と遺骨の新たな管理方法の2つを考える必要があります。

以上を踏まえて、下記に主なお墓じまいの流れを紹介します。

墓じまいの手順は以下の通りです。

  1. 親族間での相談:お墓に関わる親族が多い場合は特に親族間でのトラブルを減らす上で親族間で墓じまいについてしっかりと話し合いを行う必要があります。
  2. 墓地管理者への相談:まず、現在のお墓がある墓地の管理者に相談し、墓じまいの意向を伝えます。この段階で、必要な手続きや書類についても確認しておきましょう。
  3. 新しい納骨先を決める:親族で話し合い望ましい遺骨の納骨先を決めます。
  4. 改葬許可証の取得:遺骨を別の場所に移すためには、改葬許可証が必要です。これは市町村役場で発行されます。役場に申請する際には、現在のお墓の情報や移転先の情報が必要です。
  5. 遺骨の掘り起こし:専門の業者に依頼して遺骨を掘り起こし、適切な方法で保管します。この際、遺骨が損傷しないように丁寧に扱うことが求められます。
  6. 墓石の撤去:墓石の撤去も専門業者に依頼します。撤去した墓石は再利用する場合と廃棄する場合があります。再利用を希望する場合は、業者にその旨を伝えましょう。
  7. 新しい納骨先への納骨:遺骨を新しい納骨先へ移動し、納骨を行います。この際、新しい納骨先の管理者とも事前に連絡を取り、スムーズに手続きを進めることが大切です。

墓じまいには以下のような費用がかかります。

  • 墓地管理者への手数料:遺骨の掘り起こしや書類の発行費用など。相場は数千円〜5万円程度です。これは墓地の規模や管理者の方針によって異なります。
  • 墓地管理者へのお礼料:墓地管理者(お寺や墓苑業者)にお世話になったお礼を支払う場合もあります。支払いの有無は、それぞれの墓地管理者の考え方によります。そして、費用が発生する場合は最大20万円くらい支払う必要があります。この費用が発生しない場合もあります。そのため、お礼の費用が必要かどうか事前に確認する事をお勧めします。
  • 墓石の撤去費用:墓石業者に依頼する費用です。相場は20万円〜100万円程度です。墓石のサイズや設置場所によって費用が変わるため、事前に見積もりを依頼する事が重要です。
  • 新たな納骨先の購入費用:墓じまい後の引っ越し先の費用です。一般墓、樹木葬、合葬墓、納骨堂・永代供養墓、散骨/海洋散骨、手元供養などによって購入費用にはばらつきがあります。相場は、5万円から150万円程度です。
  • 遺骨の改葬費用:新たな納骨場所への移動費用です。相場は10万円から30万円程度です。移動距離や改葬先の条件によって費用が異なります。
  • 書類の発行費用:改葬許可証やその他必要書類の発行費用です。数千円程度が一般的です。

総額で30万円~70万円程度が一般的ですが、これは地域や納骨先の規模、納骨形式、遺骨の数によって変動します。事前に詳細な見積もりを取り、予算を立てることが重要です。

お墓じまいをしないとどうなるかという事について、考えてみたいと思います。

この投稿の「1.1~お墓じまいとは~」で、お墓じまいが近年増えている理由について言及させていただきました。様々な、お墓じまいを行う理由があったわけです。それらの理由に繋がる事がお墓じまいをしないために起こると考えられます。下記にお墓じまいをしないと起こる事柄について記載します。

このケースは、個人墓をお持ちの方に起こるケースです。近年では、大規模な霊園や納骨堂、永代供養墓や樹木葬などに遺骨を預けられる方が多くいらっしゃいます。しかし、田舎の方にいくとまだまだ各家庭で個人墓を所有されている方がいらっしゃいます。

個人墓は、庭先に据えられている場合もあれば山間の土地に据えられている場合もあります。各家庭によって置かれている個人墓にはバラつきがあります。そのようなご家庭の個人墓だと、もしお墓の後継者が不在で墓じまいをされていない場合だと、山中にお墓がそのまま放置されたりする事があります。また、庭先に据えられている個人墓であったとしても後継者不在であれば、空き家と一緒に個人墓が放置されている事もあります。

実際に、山登りをしたりしているとたまに長い間放置されているお墓を見つける事があります。お墓はそのままの形状を保っている事もあれば、イノシシやシカ、猿等の獣の被害などで墓石が倒れていたりする場合もあります。いずれにせよ、ひどいありさまになっています。

これは、管理者・管理業者がいる霊園などに遺骨を預けられている方に起こるケースです。無縁仏とは、遺族や親族などによる管理が行われていないお墓のことを指します。

近年では、お墓の現在の所有者が亡くなられた後に墓地の継承が行われず、お墓がそのまま放置されるケースが増えてきています。また、後継者がいないお墓も多数あります。

管理者がいないと判断されたお墓のご遺骨は、自治体や墓地管理者によって他の無縁仏と一緒に合祀され個別の供養が行われることがなくなります。また、お墓は強制的に撤去され強制撤去にかかった経費が墓地所有者の関係親族に請求されることがあります。

管理者・管理業者がいる霊園で長期間、墓地の管理費等が支払われずにお墓が放置された場合、訴えられる可能性があります。墓地には管理料がつきものです。放置されている墓地の管理料は支払いが長期間に渡り滞っている事が多々あります。

そのような墓地の管理費は、墓地所有者の親族に請求されます。それでも、墓地の管理費の支払いがされなかった場合管理料の再三の督促が親族になされます。そして、その上でも支払いが行われなかった場合、墓地の管理者が墓地の所有者の親族に対して管理料の支払い請求の裁判を起こす事があります。

こういった問題を未然に防ぐためにもお墓の相続が起こった場合は、速やかに墓地の継承手続きを行われる事をお勧めします。

これまで、お墓じまいの事について様々な観点で話をさせていただきました。ここで、お墓じまいを行う事のメリットとデメリットを整理させていただきます。

お墓じまいを行うメリットは、下記が考えられます。

お墓じまいのメリット

  • 子供の継承者に負担をかけなくてすむ
  • お墓の維持管理などの負担が減る
  • 無縁墓になる心配がなくなる
  • 自宅近くに改葬すれば供養がしやすくなる

一方で、お墓じまいを行う事のデメリットは下記が考えられます。

お墓じまいのデメリット

  • 親族とトラブルになる可能性がある
  • 合祀されると遺骨を取り出せない
  • 離団料が高額な場合がある
  • 墓じまいの費用が大きい場合もある

以上が、お墓じまいのメリットとデメリットとなります。これらを参考としながら、お墓じまいを行うかどうかについて検討してみてください。

お墓じまいは、先祖供養や大切なご家族の供養を丁寧に行いたいと考えている方々にとっては、老後の生活の大きな不安の種となる場合があります。

だからといって、闇雲に急いで墓じまいを行うと失敗に繋がる事もあります。

後悔しないお墓じまいを行うためには、慎重にお墓じまいの手続きを行う必要があります。いかにお墓じまいを後悔しないための対策を記載します。

お墓じまいを後悔しないための対策

  • 家族との話し合い
    • お墓じまいを検討する際には、まず家族や親族との十分な話し合いが必要です。お墓と関係する親族の意見を聞き、お墓じまいのメリットとデメリットを理解した上で、多くの方が納得する形で進めることが重要です。また、お墓じまいをすることで生じる費用や手続きについても、具体的に話し合いましょう。
  • 専門家への相談
    • お墓じまいに関する手続きや費用については、専門家に相談することをおすすめします。墓地管理者や石材店、葬儀社などに相談し、適切なアドバイスを受けることで、スムーズに手続きを進めることができます。また、専門家の意見を聞くことで、家族全員が納得できる決断をする手助けとなります。
  • 永代供養の検討
    • お墓じまいをする際には、永代供養を検討することも一つの方法です。永代供養とは、寺院や霊園が長期間にわたり遺骨を供養してくれるサービスです。これにより、家族の負担を軽減し、故人に対する供養を続けることができます。永代供養を行っている施設を訪れ、供養の方法や費用について詳しく確認しましょう。
※永代供養について詳しく知りたい方はこちらを参照ください。

お墓じまいは、家族にとって大きな決断です。しかし、適切な準備と十分な話し合いを経ることで、家族全員が納得し、後悔のない選択をすることができます。浄土真宗僧侶として、皆様が安心してこの大切な決断を進められるよう、心からお祈り申し上げます。

家族の未来を考え、最適な方法を選び、愛する人々とともに心安らかに過ごすために、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。墓じまいや永代供養についてのご質問やご相談がありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

合掌

著者:釋 兼高(しゃく けんこう)浄土真宗本願寺派 順教寺 副住職

1980年生まれ。2002年にアメリカの大学を卒業し、2007年に大学院を修了。2008年には得道し、僧侶の道を志す。その後、社会経験やビジネスの知見を深める上で人材育成系コンサルティング会社に就職し、13年間勤め営業経験や講師経験やコンサル経験を積む。2021年に退職し、家業である寺院を継ぐために入寺。
日々、仏の道に精進しながら浄土真宗本願寺派の僧侶としての道を歩む。これまでの職務経験を通じて培ったスキルや知識を活かし、分かりやすく仏教や浄土真宗本の教えを伝えるために「生活に役立つ仏教の教え」、墓地・永代供養墓の管理者の視点から「浄土真宗僧侶が伝えたい墓地・納骨堂選びの話し」のブログやお寺を身近に感じてもらうために、「若院(じゃくいん)のつぶやき」の情報発信を行う。